コツをつかむのが大事!妊婦がクラウドソーシングで上手に稼ぐ方法

妊娠中は心身ともに不安定になりやすいものです。そこで、自宅にいながら時間も気にすることなく仕事ができる働き方として、クラウドソーシングをはじめる妊婦さんも増えています。データ入力などの仕事であれば特別な技術や資格も必要ありませんから、気軽に仕事ができますよね。

しかしながら、「思っていたほど稼げない!」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

世の中にはたしかに、クラウドソーシングだけでフルタイムの会社員以上の収入を得ている人もいますが、多くの人はお小遣い程度にしか稼げていません。この違いはどこにあるのでしょう?

今回は、クラウドソーシングでしっかりと稼ぐためのコツをご紹介していきます。

クラウドソーシングで稼げる人はここが違う!

高単価案件は高倍率

クラウドソーシングで稼げない人に共通しているのは、「高単価の仕事をもらえない」という点でしょう。

クラウドソーシングではさまざまな仕事が募集されていますが、その報酬額もピンキリです。たとえばライティングやデザインであれば、プロと同様の報酬を払ってくれるクライアントもいれば内職同然のお金しかもらえないこともあります。

つまり、稼げている人は高単価の案件を効率よく請けていて、稼げていない人は安い仕事ばかりをしてしまっているというわけです。
安い仕事ばかりをしているとストレスも溜まってしまうもの。妊娠中にストレスは大敵ですから、それでしたら外に出てパートをする方が気分転換にもなって良いかもしれません。

もちろん誰だって、似たような内容の仕事をするのであれば少しでも単価の高い仕事を請けたいと思うものですが、だからこそ、高単価の案件は倍率が高くなってしまいます。

実績がある人が選ばれる

では、クライアント側は何を見て発注相手を選んでいるのでしょうか?

ひとつは実績です。クラウドソーシングというのは顔の見えない取引ですので、クライアントにとっては賭けのような側面もあります。すると、少しでも確実性の高い相手を選ぼうと考えるのは当然のこと。

実績のある人はそうやってさらに実績を増やしていきますので、また次の仕事も獲得しやすくなるという好循環に入ります。

となると、ここでこんな疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。
「実績がないと仕事をもらえないなら、どうやって実績を作ればいいの?」

提案文は自己アピールの場

クラウドソーシングで仕事に応募する際には、「提案」をすることになります。実はこの提案文の内容も、意外とクライアント側は判断材料としているものなのです。

仕事がなかなかもらえないという人は、ただ単に納期や見積もりを機械的に書き込んでいるだけではありませんか?

提案文は営業と同じです。自己紹介をし、自分が現在どのような状況でありどのような仕事が得意なのかということを書き、自分のセールスポイントを相手に伝える必要があるのです。つまり、自分をプレゼンするのが提案文だということです。

たとえば、妊娠前にしていた仕事と少しでも似た分野の案件であれば、直接は関係なかったとしても書いておいたり、その経験による強みをアピールしたりなどするとよいでしょう。

ここで魅力的な提案をすることができれば、実績のない人でも仕事をもらえる確率が高まります。

妊娠中でも無理なくできる仕事は!?派遣,在宅ワーク等を徹底リサーチ

2018.03.24