天職かも?リゾートバイトに適しているのはこんな人

ここまで、さまざまな角度からリゾートバイトの魅力を解説してきましたが、もうひとつだけ見落としてはいけないポイントがあります。
それは、「リゾートバイトに適している人間かどうか」ということ。

何事にも向き不向きがあります。特に仕事の場合は、向いていない人が無理をして続けていると、自分が苦しいだけでなく周囲に迷惑をかけることにもなりかねません。そういう場合は、素直にあきらめて別の道を探すほうが長い目で見ると全員にとってプラスになるはずです。

それでは、リゾートバイトに適しているのはどういうタイプの人なのでしょうか?

リゾートバイトに適している性格

知らない相手ともコミュニケーションがとれること

まずは、周囲の人としっかりとコミュニケーションをとれることが大切です。
リゾートバイトは基本的に住み込みの仕事ですから、円滑な人間関係を築くことができなければ、ひたすら我慢するだけの日々が続いてしまいかねません。

特に、1ヶ月以上の期間仕事をするのであれば、コミュニケーション不足の場合、大事な連絡事項がうまく伝わってこないというリスクもあるでしょう。滞りなく仕事を進めるためにも、コミュニケーション能力は必須です。

お客さんとのコミュニケーションも多く発生することに注意

「一人でいるほうが好きだし仲間はずれにされていても平気だ」という人もいるかもしれません。やせ我慢でなく本心からそう思っているのであれば、たしかに同僚との人間関係については問題ないでしょう。

しかしリゾートバイトの仕事は、お客さんとのコミュニケーション機会が多くなりがちです。接客であれチケット販売であれアトラクションスタッフであれ、初対面の人に対しても明るく元気に対応することが求められます。
コミュニケーションにまったく自信がないという人は、応募するのをやめておいたほうが無難かもしれません。

人見知りがNGというわけではない

ただし、人見知りする人がNGだというわけではありません。

たとえ打ち解けるまでに時間がかかるとしても、時間さえかければ多くの人と仲良くなれるという性格なのであれば、特に問題はないでしょう。むしろ、日を追うごとにどんどん素をさらけ出せるようになっていければ、周囲はその変化にかえって注目してももらえます。

コミュニケーションそのものが嫌いだという人以外であれば、あまり心配しすぎることはありません。

リゾートバイトに適しているライフスタイル

あまり先の予定をびっしりとは埋めないタイプの人

性格的には向いていたとしても、忙しすぎる人にはリゾートバイトは向いていません。
自由時間の多い学生やフリーターだったとしても、遊びの予定で数か月先までスケジュール帳が埋まっているような人ってい、いますよね?

リゾートバイトは思い立ったらすぐに行けるという仕事ではなく、事前に仲介業者に紹介してもらった上で応募し契約を交わすという流れをとることが多い仕事です。友達がたくさんいていつ先の予定が入るかわからないというような人では、スケジュール調整が難しくなるでしょう。

反対に、友達と遊びに行くにしても直前になって誘ったり誘われたりすることが多いような人であれば、まとまった期間をリゾートバイトのために割くことはさほど難しくないのではないでしょうか。

プライベートな時間がなくても平気?

「みんなとワイワイ騒ぐのも好きだけど、週に何日かはひとりで過ごす日もほしい」という人って、結構多いですよね?
残念ながら、このタイプの人もあまりリゾートバイトに適しているとはいえないでしょう。

リゾートバイトでは同僚たちとの共同生活が前提となります。職場によっては全員個室を用意してもらえることもありますが、みんなで一緒に食事をとったり会議をしたりと、なにかと同僚とコミュニケーションをとる機会は多いはずです。
また、休日にどこかへ遊びに行こうにも、遊ぶ相手も同僚たちしかいませんよね? すると誘われる機会も多いことでしょう。長期間一緒に過ごすわけですから、それを無碍に断るわけにもいきません。

「一時期だけなのだから」と割り切ってプライベートを犠牲にする覚悟がないと、ストレスが溜まってしまうかもしれません。