ポイントは3つ!リゾートバイトの心構え

誰だって、どうせ働くのであれば楽しく働きたいと思うもの。その点で、リゾート気分を味わいながら仕事することのできるリゾートバイトは人気です。求人が出ればすぐに募集が殺到して、あっというまに締め切られてしまうということも多いですよね。

しかし、「楽しみながら仕事ができる」とはいえ、仕事はあくまでも仕事です。軽い気持ちではじめると、のちのち多くの方面に迷惑をかけることになりかねません。
自分が楽しく働くためにも、周囲に迷惑をかけないためにも、応募する際にはある程度の心構えが必要になってきます。

そこで今回は、リゾートバイトをはじめるにあたっての心構えについてまとめてみました。

責任感をもつこと!

「アルバイト」というと気軽な印象があるかもしれませんが、アルバイトだってきちんとした労働契約を交わした大事な仕事です。一度はじめたからには、責任をもって最後まで取り組まなければなりません。

特に、短期や超短期の場合には、ついつい旅行気分で取り組みがちです。それが必ずしも悪いことだとは言いませんが、楽しむべきところと真面目に仕事する部分とのメリハリをきっちりとつけるように心がけましょう。

雇う側からすれば、リゾートバイトの求人には結構なコストがかかっています。せっかく見つけたアルバイトが不真面目だったり途中で投げ出して帰ってしまったりするようなことがあっては、大損です。

穴埋めのために再度求人を出そうにも、リゾートバイトの選考はいくつかの段階を踏んで行われますので、タイムラグが発生してします。すると、周囲のバイト仲間にも迷惑をかけることになるでしょう。
特殊なアルバイトだけに、リゾートバイトではむしろ普通のアルバイト以上に人員の補充が難しいのです。

「何があっても責任をもって契約期間をまっとうする」という覚悟がないのであれば、リゾートバイトには応募すべきではありません。

健康管理は自己責任

人員の補充がしづらいということは、リゾートバイトを行う上では健康管理も大事な仕事となります。
繁忙期だからわざわざ臨時で派遣スタッフを雇ったというのに、その従業員が体調を崩して休んでばかりとなったら、雇い主としてはこんなに残念なことはありません。

ただでさえ、リゾートバイトは一日の労働時間が長くなりがちな仕事ですので、疲れが溜まりやすくなります。また、リゾートバイトは基本的に住み込みの仕事です。ふだんと違った環境で過ごすわけですから、なにかと体調を崩しやすいこともあるでしょう。おまけに、リゾート地ということで仕事終わりや休日には同僚たちとハメを外しすぎてしまうことだってあるかもしれません。

しかし、それでもきちんと体調を整えておくことが、リゾートバイトをする人間の義務です。体力に自信がない人や体調の波が大きい人には、あまり向いている働き方だとはいえません。

他人の細かい部分を気にしすぎない!

リゾートバイトでは、長期にわたって他人と共同生活を送ることになります。これが2,3日程度の超短期であれば気にならないかもしれませんが、数週間から数か月となれば、やはり誰しも相手の嫌な部分が目についてきたりはするものです。
どんなに良い人でも、悪い部分がまったくない人なんていませんよね。

とはいえ、それは自分だって同じこと。共同生活をしていけば、自分の嫌な部分だって同僚たちに知れ渡ってしまいます。
お互い様なのですから、細かいことを気にしすぎてはいけません。自分の悪い部分を許してもらうかわりに、同僚たちの悪い部分も許してあげようという余裕が必要です。

変に神経質だと、ここで同僚たちとの折り合いが悪くなってしまう可能性もあるでしょう。リゾートバイトにおける最大の悩みは人間関係ですので、無用なトラブルを招かないためにも、心に余裕を持つことが大切です。