妊娠でかかる費用について

愛しい我が子を身ごもった時、本当に女性は幸せな気持ちに包まれることだと思います。大切な命を育んでいく、そのためには大事なお金のことを考えておく必要もでてきます。はじめての妊娠で、妊娠でかかる費用についてどんなものがあるのか不安な方も多いことでしょう。

そんな時、事前に妊娠から出産までにかかるおおよその費用を試算しておくのは、大変役に立つ情報になると思います。ここでは妊娠から出産までに必要になるものについてご説明していきたいと思います。

おめでたい!妊娠が発覚したら?

自己負担金は10万円を用意しておくと安心です。

愛する我が子を授かった時、その成長過程を専門の産婦人科でチェックして行く必要があります。これは妊婦健診といわれ、妊娠中に受ける検診です。順調に生育、発育をしていくのを検診しながら、妊娠中の不安も看護師に相談できる良い機会も設けられています。

自治体によって補助金もあるのですが、人によって妊婦健診の回数も異なり、妊婦ごとによっても体調の具合により検診内容も変わります。おおよそ平均額は5万円から10万円を予測しておくといいでしょう。費用がかかるからといって、妊婦健診を受けないことは大変出産時にも危険が伴ってしまうことですので、必ず妊婦健診は必要となってくるものです。

出産時の費用はいったいいくらかかる?

平均40万円前後が出産時の費用です。

待ち望んだ出産、金銭的な不安はスッキリとなくして挑みたいものですね。大切な我が子の誕生は、万全の受け入れ態勢を用意したいものです。出産のためには平均40万円という大きな費用が掛かります。

これも出産一時金という制度もありますが、また分娩によっても出産費用になりますので、予算を立てておくのが安心です。

主に

  • 入院代(個室か大部屋化でも料金が違ってきます。)
  • 分娩方法(帝王切開やその他場合によって異なってきます。)
  • 個人病院の方針(産院にもより、金額は一律ではありません。)

と、出産時の予期せぬ処置も施されることもありますので、自分の理想とする出産時のお部屋のプランや予備費として用意しておくとよいでしょう。

おめでたい赤ちゃん誕生に必要なものとは?

予算15万円を見積もるのが賢明です

待ちに待って誕生した赤ちゃん、妊娠中に育児用品を準備しておくことも大変その後に役立ちます。誕生してすぐ、育児には必ず必要になってくるものですからしっかりとお金の予算を確保しておくことが大切です。

最低限必要なものといえば、

  • オムツ(紙オムツは月平均5000円前後、布オムツは洗い替えで使えますが、最初に枚数の購入が必要です。)
  • 哺乳瓶・消毒セット(母乳が出ない時もありますので、最低1本は用意しておくと良いでしょう。湯冷ましを飲む時にも使えます。)
  • 肌着・衣類
  • 寝具セット

などは、育児に欠かせないものになっています。

その他、細かな必要になってくる赤ちゃん用品が多数あります。赤ちゃんを出産して、退院時のベビードレスなどを着せようと思っておられる方などは、早めに用意しておくとよいでしょう。また、おさがりを上手に利用されると育児用品にかかる費用の軽減ができますので、いただきものやお祝いなども嬉しいものとして助かるものです。

出産に掛かる金額のハードルを越えて

出産時にかかる費用を見て見ると、思ったよりも必要なお金が多いと感じた方もおられるかも知れません。ですが、国からの補助金制度や自治体のサポートなど、利用できる支援もしっかりとありますので、安心して出産をできる仕組みになっています。

出産費用には個人差が大きいものです。毎日の工夫と情報で、無事ご出産されることをお祈りしています。

妊娠中でも無理なくできる仕事は!?派遣,在宅ワーク等を徹底リサーチ

2018.03.24