有意義に過ごせるかどうかは心がけ次第!初めてのリゾートバイトでの注意点

初めてリゾートバイトに応募しようとする前に、もう一度考えてみてほしいことがあります。あなたは、何が目的でリゾートバイトをしてみたいと考えているのでしょうか?
この部分をはっきりさせておかないと、あなたの最初のリゾートバイト経験は失敗に終わってしまうかもしれません。

リゾートバイトでは、まとまった期間ずっと住み込みで働くこととなります。ふつうのアルバイトが「生活の一部」であるのに対し、リゾートバイトは「生活そのもの」です。
ということは、心がけ次第でリゾートバイトに費やす時間は、有意義なものにも無意義なものにもなってしまうということです。

今回は、リゾートバイトで働く時間を少しでも価値あるものにするためのコツや注意点を確認していきましょう。

惰性にならないように注意

何事も、最初のうちは新鮮な気持ちで真剣に取り組めるものです。たとえば、学校で初めて部活に入った直後は誰だって一生懸命練習しようと考えますし、初めて一人暮らしをした直後も、自炊を頑張ってお金を節約しようと考えるものですよね。

しかし、そうした新鮮な時間が単なる日常に変わってしまうと、次第に決意はブレていって、やがて惰性になってしまいがちではないでしょうか。

リゾートバイトには、期間が長いからこそ、仕事や生活が惰性になりがちだというデメリットがあります。慣れてくれば仕事も楽々こなせますし、非日常だった環境だって何日も寝泊まりしていればただの日常です。

すると、当初の目的をついつい忘れてしまったりもします。
お金を貯めるのが目的でも友達を作るのが目的でもいろいろな経験を積むことが目的でもどれでも構いませんが、本来の目的を見失うと、バイトが終わったあとには後悔しか残っていないかもしれません。

そこでオススメしたいのは、毎日きっちりと日記をつけることです。もちろん、そんなに長文である必要はありません。簡単でもいいので、その日にしたことや使った金額などを書き留めておくと、一日一日を新たな気持ちで過ごすことができるでしょう。

メリハリをつけて生活すること!

リゾートバイトの人気が高い理由のひとつは、「そこがリゾート地だから」です。従業員の特権として、リゾート地ならではのレジャーを無料で楽しめる場合が多いでしょう。

たとえばマリンショップでのバイトであればダイビングが、スキー場でのバイトであればリフト券がが無料となり、好きなだけ利用できるケースが大半です。マリンスポーツやウィンタースポーツの愛好者であれば、こんなに嬉しいことはありませんよね。

しかし、あくまでも仕事としてその場に行っているのだということを忘れてはいけません。いくら楽しいからといって、ハメを外しすぎてしまうことには要注意です。もしケガをしたり風邪を引いたりしたら、あなた自身もがっかりしてしまうでしょうし、雇った側からしても大きな損失となります。

また、リゾートバイトはどうしても人間関係が狭く濃密になりがちです。すると、仕事中のみならず仕事終わりや休日にもバイト仲間とばっかり過ごすケースが増えます。
お金を貯めたくてリゾートバイトに来たにもかかわらず、毎晩のように飲みに誘われたとしたら、どうでしょうか? これは困ってしまいますよね。といって、ある程度は付き合わないと仕事がしづらくなることもあるかもしれません。

大事なのは、メリハリです。遊ぶときに目一杯遊ぶことは構いませんが、きちんと自制しながらメリハリをつけて生活できる人でないと、有意義にリゾートバイト期間を過ごすことはできません。

目的が何であれ、強い意志を持っていないと、せっかくお金を稼いでもほとんど貯金が残らないという状況になってしまうでしょう。