妊婦だって働きたい!無理なく仕事をする方法

妊娠がわかったら、妊婦は何よりも自分の体を大事にしなければいけません。安定期に入るまでは風邪薬の服用にすら注意しなければなりませんし、何事も慎重には慎重を期するべきです。できることならば、妊娠が判明してから出産までは安静に過ごしたいところでしょう。

とはいえ、今の時代は共働きが当たり前です。おまけに妊娠・出産には多額の費用もかかります。となると、やはり可能な限りは働き続けたいと考えている方も多いことでしょう。

そこで、このページでは妊婦ができるだけ無理なく仕事をする方法についてまとめてみました。

今までの仕事を続ける場合

出産後の復職までを視野に入れると、やはり理想的なのは今までと同じ職場で働き続けることです。妊婦にとってはストレスも大敵ですから、慣れた環境で働くことにはメリットも大きいはずです。

ただし、妊娠前までとまったく同じ業務ができるかというと、それはケース・バイ・ケースです。デスクワーク中心の人であれば出産ギリギリまで同じ仕事をすることも可能かもしれませんが、立ち仕事や外回りがあるような業務の場合には難しいはずです。

もし融通の利きやすい職場であるのならば、次のような点を意識して業務内容を変えてもらうとよいでしょう。

  • 立ち仕事を避ける
  • ストッキングやハイヒールを履かないでもよい業務を
  • ラッシュの時間帯を避けて通勤
  • 休憩をこまめにとる

短期や派遣で働く場合

現在の職場が融通の利きにくい職場で、なおかつ今後復職するつもりがないのであれば、早めに辞めて短期や派遣の仕事をするという方法もあります。

この場合はあらかじめ働きづらそうな環境を避けることができますし、事前に条件を提示した上で登録しておけば、働きやすい環境を得ることができるはずです。

ただし、求人情報に書かれている内容がすべて真実だとは限りません。悪質な業者に捕まってしまうと余計に大変なことにもなりますから、「妊婦だ」ということを事前にちゃんと伝えるようにしたほうが良いでしょう。

在宅ワークをする場合

今の時代ならではの働き方として、在宅ワークで稼ぐという方法があります。一昔前までは在宅仕事というと内職のような仕事しかありませんでしたが、インターネットの普及した現在ではさまざまな形の仕事があります。能力次第では、会社で働く以上の収入を得ることも不可能ではありません。

在宅で働くことの大きなメリットとしては、「休みたいときにすぐ休める」という点を挙げられるでしょう。妊娠中はどうしても体調の変化に波がありますし、眠くなりやすいものでもあります。そんなときに、すぐに横になれる環境というのは貴重です。

ただし、在宅ワークだからといっても仕事は仕事です。一度引き受けたら責任をもって遂行しなければいけません。体調の良いときについついたくさん仕事を入れてしまうと、あとあとそのしわ寄せがくることもあるでしょう。無理のない範囲で仕事を受けることが大切です。

妊娠中でも無理なくできる仕事は!?派遣,在宅ワーク等を徹底リサーチ

2018.03.24